第26回 Visual Computing (VC 2018) とは?

VCは未来のコンピュータ・グラフィックス(CG)技術の発表の場であると同時に,産学の垣根を超えて技術者,研究者,クリエイターの皆様が交流する会議です. 世界的にもハイレベルなCG技術の研究開発から,現場への技術還元まで,幅広く議論します.

これまでVC/GCAD合同シンポジウムにご参加頂いた皆様へ

Visual Computing (VC) シンポジウムは1993年に発足し,1997年からはVC/GCAD合同シンポジウムとして,主にCG技術の学術的な議論の場として開催されて参りました. 今後も当初の理念を大切に引き継ぎつつ,この26年間でのCG技術の成熟度,また,応用分野の広がりといった現状を鑑み,上記のような新たな理念で運営を行って参ります.

開催概要

日程

2018年6月21日(木) - 23日(土)

会場

山形テルサ (Webページ)
〒990-0828 山形県山形市双葉町 1-2-3
JR山形駅から徒歩8分程度

主催

画像電子学会 ビジュアル・コンピューティング研究会
情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究会
映像情報メディア学会 映像表現&コンピュータグラフィックス研究会

特別後援

CG-ARTS (公益財団法人画像情報教育振興協会)

ニュース

  • 2018年3月9日 暫定版のプログラムが公開されました (詳細)
  • 2018年3月6日 採択された技術論文のうち,希望者については画像電子学会の論文誌に推薦します (詳細)

SNS

Facebook
Twitter
Google+ Google+

過去の開催