第177回研究発表会

第177回研究発表会

情報処理学会コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究会では, 2020年3月17日,18日に第177回CGVI研究発表会を開催します.

テーマ

高品質コンテンツ制作およびCG技術一般

趣旨

高品質なデジタルコンテンツの制作を可能にすることはグラフィックス分野の重要な目標の一つであり、キャプチャ・レンダリング・シミュレーション・モデリング・画像処理などの中心的トピックに加え、インタラクション・機械学習などの周辺領域と融合した側面からも発展しています。そこで情報処理学会コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究会では「高品質コンテンツ制作」をテーマに第177回研究会を開催いたします。映像・ビデオゲーム・イラストレーションなどのコンテンツ制作における高品質化に関する研究発表を募集いたします。

また、広く一般のコンピュータグラフィックスに関する発表も歓迎いたします。皆様の積極的なご参加をお願いいたします。卒業研究・修士研究の対外発表・議論の機会としても是非ご検討ください。

今回の研究会では、会場で最良な状態で発表いただくため、会場のPC・macを使っての発表とさせていただきます。詳細は後日連絡させていただきますが、会期の10日前までに登壇発表資料および映像をご提出いただきます。機材の都合等により自身で持ち込んだPCでの発表が必要な場合にも例外的に対応していきたいと思いますが、音声出力ができない等の制約がある旨、ご了承ください。

日時

2020年3月17日(火),18日(水)

会場

東映デジタルセンター シアター
〒178-8666 東京都練馬区東大泉2-34-5
https://www.toei.co.jp/studio/digitalcenter/theatre.html
https://www.toei.co.jp/studio/digitalcenter/access.pdf

講演時間

講演時間は1件につき20分から25分程度(質疑応答を含む)を予定していますが、申し込み状況によって変動する可能性があります。

招待講演

東映ツークン研究所様(登壇者調整中)

全体構成

(TBA)

プログラム

(TBA)

論文募集

発表申込〆切

2020年1月14日(火)

2020年1月28日(火)

より多くのご発表を募るため、発表申込の〆切を延長することにいたしました。学位論文等としてまとめている研究成果を対外発表・議論する場としても、是非改めて多くの方にご検討頂けると幸いです。

従来の締め切りに合わせて申し込み準備を行なっていた皆様には大変失礼いたしました。

なお、原稿送付〆切に変更はありません。

原稿送付〆切

2020年2月21日(厳守)

発表申し込み要領

下記URLの論文募集から、『発表申込』>『第177回コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究発表会』を選択してお申込みください。

発表申し込み時には、著者情報・発表タイトル・概要のみ必要です。
発表申し込み後、原稿締め切りまでに最終原稿のご投稿をお願いいたします。

発表申込URL: https://ipsj1.i-product.biz/cgi-bin/ipsjsig/menu_jp.cgi?sig_div=CG

申し込み時の連絡事項に、以下を記載下さい。

論文種別 (いずれか一つを残して下さい。)
「テーマ」
「一般」

原稿の作成は下記リンクを参照してください。(LaTeX・Wordテンプレートもこちらより取得できます。)
最終原稿は、6頁以上8頁以下を推奨いたしますが、この頁数に収まらないものも受け付けます。
ただし、極端に短い(1頁未満)、又は長い(10頁以上)原稿に関しては、運営委員が適宜判断しご連絡を差し上げます。なお、研究会推薦論文は6頁以上の論文が対象となります。

原稿作成について: http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

参加費

登録会員でない方は学会所定の参加費が必要です。
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html
(※非会員の学生の方の参加費は2,500円です)

担当委員 (お問い合わせ先)

小山 裕己(産業技術総合研究所): koyama.y[at]aist.go.jp
宮崎 信浩(富士通株式会社): m.nobuhiro[at]fujitsu.com
今給黎 隆(東京工芸大学): imagire[at]gmail.com

第177回研究発表会