>> 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 のページへ

行事開催予定

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第156回研究発表会

情報処理学会グラフィクスとCAD研究会では,2014年9月16日に第156回研究発表会を開催します. 今回のテーマは,「リアルタイム計算およびCG一般」です.奮ってご参加くださいますよう,お願い申し上げます.

目次


日時:

2014年9月16日(火) 11:20-17:40: 

会場:中京大学 名古屋キャンパス, センタービル(0号館)8階 0805教室(地下鉄「八事駅」5番出口)


テーマ:リアルタイム計算およびCG一般

CFP:論文募集は締切ました


プログラム

通常講演20件(発表20分,質疑応答10分)
 ○は発表者
  • 招待講演 (11:20 - 12:00) 座長  吉田典正 (日本大学)
    (1) 11:20 - 12:00
     ゴールベースコースティクスのためのポアソンベースの連続面生成法
     楽詠こう(コロンビア大)
  • デモ展示,および,昼食 ( 80分 )
  • セッション1 (13:20 - 15:20) 座長  長谷川晶一 (東京工業大学)
    (2) 13:20 - 13:50
     ドロネー四面体分割を用いた三次元点群からの凸物体の形状認識と復元に関する基礎研究
     ○阿部真之, 鉢呂隆太朗, 森博志, 外山史, 東海林健二(宇都宮大)
    (3) 13:50 - 14:20
     様々な数理シミュレーションに応用可能な正四面体格子座標系の提案
     ○本間達 若松秀俊(東京医科歯科大)
    (4) 14:20 - 14:50
     再構築ポリゴン壁を用いたSPHの壁境界計算手法
     ○笠晃一(福岡工業大)
    (5) 14:50 - 15:20
     粒子数変動型実時間SPH流体シミュレータの粒子数調整時挙動の考察
     ○小松雅弥, 川井昌之(福井大)
  • 休憩 ( 20分 )
  • セッション2 (15:40 - 17:40) 座長 瀧剛志 (中京大学)
    (6) 15:40 - 16:10
     画像の射影変換における高速化法の比較・検討
     ○常盤勇太, 金澤靖(豊橋技術科学大)
    (7) 16:10 - 16:40
     異なる視点から描かれたイラストからの2.5Dモデル生成
     ○北村真紀(九州大), 金森由博(筑波大), 鶴野玲治(九州大)
    (8) 16:40 - 17:10
     正面および側面のイラストからのキャラクタ顔回転シーンの自動生成
     ○古澤知英, 福里司, 岡田成美, 平井辰典, 森島繁生 (早稲田大)
    (9) 17:10 - 17:40
     振り付けの構成要素を考慮したダンスモーションのセグメンテーション手法の提案
     ○岡田成美, 福里司, 岩本尚也, 森島繁生(早稲田大)

担当委員 (お問い合わせ先)

  • 瀧 剛志 (中京大学) taki[at]sist.chukyo-u.ac.jp
  • 長谷川 晶一 (東京工業大学) hase[at]pi.titech.ac.jp

研究報告オンライン化実施について

標記の研究発表会はペーパレスで行います.

本会は、論文誌(ジャーナル・トランザクション)については平成20年度から,研究会刊行物(研究報告)についても平成21年度から紙媒体での出版を廃止し,オンライン出版とすることといたしました.

なお,会場にて資料をUSBメモリ経由でダウンロードが可能なよう準備を行っております。


グラフィクスとCAD研究会にご登録されている方

研究発表会の【一週間前】に本会電子図書館情報学広場で当研究発表会の資料を公開します.これに伴い公知日は9月9日(火)となりますのでご注意ください.当日は資料をプリントアウトしてご持参いただくか,ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください.


グラフィクスとCAD研究会にご登録のない方

当日受付で当研究発表会の資料閲覧用のパスワードをお渡しいたします. 研究会の参加費についてはこちらをご覧ください.当日はネットワーク接続可能なPCをご持参ください.

尚,当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めて,全て情報学広場でご購読いただけます.是非この機会に登録をご検討ください.

登録に関してはこちらをご参照ください.

  • 研究会登録は上記のお申込と登録費をご入金いただいて正式登録となります.
    • 入金の確認には1週間程度お時間をいただきますのでご了承ください.
  • 情報学広場上の ユーザ登録(無料)が必要です.
  • 詳細は,情報学広場利用方法をご確認下さい.







Copyright(c) IPSJ SIG-GCAD. All rights reserved.