>> 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 のページへ

行事開催予定

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第155回研究発表会

情報処理学会グラフィクスとCAD研究会では,平成26年6月28日(土)に第155回研究発表会を開催します. 今回のテーマは「現実世界を参照するCG、およびCG一般」,新企画は「卒業研究ポスター発表会」です. 奮ってご参加くださいますよう,お願い申し上げます.

目次


日時: 2014年6月28日(土) 10:00-16:40


会場: NTT横須賀研究開発センター(神奈川県横須賀市)

  • 会場までの行き方(バスの場合)
    • YRP駅(三崎口側に出口1つ)前のバスロータリーから発車で10-15分程度
    • バス乗り場,痢嵬4」通信研究所行き終点下車(時刻表はこちら)、もしくは
    • バス乗り場△痢嵬遑院彡命研究所行き、「野2」横須賀市民病院行きで通信研究所前下車(時刻表はこちら
  • 入館方法
    • 研究会開催日は土曜日ですので、正面玄関からは入れません.そのため,正面玄関と同じ並びの守衛室から入館していただき,”研究会参加”の旨を口頭で告げてください.
    • 受付にて,入館証(番号つきバッチ)の受け取りと参加費(0〜1500円)の支払いをしてください.
    • 車で来所された方は、守衛室にて車種と車番を申請してください
  • 食事
    • 当日は土曜日のためビル内の食堂が利用できません。弁当持参もしくは近隣(バス等の利用)の食事処をご利用ください

テーマ:現実世界を参照するCG、およびCG一般

CFP:論文募集は締切ました


プログラム

通常講演20件(発表20分,質疑応答10分)
  • 2014/6/28(土) 10:00-11:00 セッション1 座長 向井智彦(東海大学)
    (1) 10:00-10:30
    光反射モデルに基づいた工芸作品のCG再現
    松田宗, 田中法博, 市川拓磨(長野大学), 望月宏祐(信州大学), 室屋泰三(国立新美術館), 北村仁美(東京国立近代美術館)
    (2) 10:30-11:00
    測地レベルセット法を用いた高精度な3次元メッシュ構造の導出
    岡本憲卓, 蔡東生(筑波大学)
  • 休憩
  • 2014/6/28(土) 11:10-12:10 特別講演 座長 柿本正憲(東京工科大学)
    (3) マイクロシリンダモデルを用いた布の高速レンダリング
    岩崎 慶 (和歌山大学)
  • 2014/6/28(土) 12:10-12:20 ポスター紹介セッション 座長 土橋宜典(北海道大学) 藤澤誠(筑波大学) (各ポスター発表につき1分)
    (4) 金魚すくいにおける金魚の動きのシミュレーション
    茨田将史,渡辺大地,三上浩司(東京工科大学)
    (5) 三次元顔モデルにおける発話表情の表出―SVMにもとづく印象変換ベクトル法による顔モーフィングモデルの操作―
    荒井雄大, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂(法政大学)
    (6) デジタルアーカイブのためのインタラクティブ展示の一手法
    檜森詞都華, 石川知一, 柿本正憲(東京工科大学)
    (7) 低信頼度の姿勢情報の置換による3DCGアバタの動作生成
    田中里奈, 森博志, 外山史, 東海林健二(宇都宮大学)
    (8) 流体シミュレーションに基づく炎の形状制御
    水谷圭佑, 佐藤周平, 土橋宜典, 山本強(北海道大学)
    (9) 三次元没入環境におけるインタフェースの研究
    松本奈津季, 蔡東生(筑波大学)
    (10) タブレット端末による原爆ドームとCGの実時間マーカレス位置合わせ
    坪石健志, 馬場雅志, 日浦慎作, 宮崎大輔, 青山正人, 古川亮准(広島市立大学)
  • 休憩
  • 2014/6/28(土) 13:50-14:50 卒業論文ポスターセッション
  • 2014/6/28(土) 14:50-15:10 2013年度グラフィクスとCAD優秀研究発表賞(GCAD賞)表彰式
  • 2014/6/28(土) 15:10-16:40 セッション2 座長 馬場雅志(広島市立大学)
    (11) 15:10-15:40
    大域照明問題解法のためのフォトンマッピングの効率化
    渡部心, 池田翔, 玉木徹, Raytchev Bisser, 金田和文(広島大学)
    (12) 15:40-16:10
    特徴点検出のためのグラフLaplace行列の固有空間を用いた形状の視覚的な自然さに基づく顕著性ベクトル
    佐藤信(岩手大学)
    (13) 16:10-16:40
    異なる流体流れ場間の補間方法に関する一考察
    佐藤周平(北海道大学), 土橋宜典(北海道大学,JST CREST,UEI Research), 山本強(北海道大学), 西田友是(UEI Research,広島修道大学)

担当委員 (お問い合わせ先)

  • 川村春美 (NTT) kawamura.harumi[at]lab.ntt.co.jp
  • 玉木徹(広島大学)tamaki[at]hiroshima-u.ac.jp

研究報告オンライン化実施について

標記の研究発表会はペーパレスで行います.

本会は、論文誌(ジャーナル・トランザクション)については平成20年度から,研究会刊行物(研究報告)についても平成21年度から紙媒体での出版を廃止し,オンライン出版とすることといたしました.さらに平成22年度の本会創立50周年までには,論文誌と研究会刊行物の全てを購読可能とする「総合デジタルライブラリ」制度の導入を予定しています.

平成21年度のオンライン化についての詳細はこちらをご覧ください.

なお,会場にて資料をUSBメモリ経由でダウンロードが可能なよう準備を行っております。


グラフィクスとCAD研究会にご登録されている方

研究発表会の【一週間前】に本会電子図書館情報学広場で当研究発表会の資料を公開します.これに伴い公知日は6月21日(土)となりますのでご注意ください.当日は資料をプリントアウトしてご持参いただくか,ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください.


グラフィクスとCAD研究会にご登録のない方

当日受付で当研究発表会の資料閲覧用のパスワードをお渡しいたします. 研究会の参加費についてはこちらをご覧ください.当日はネットワーク接続可能なPCをご持参ください.

尚,当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めて,全て情報学広場でご購読いただけます.是非この機会に登録をご検討ください.

登録に関してはこちらをご参照ください.

  • 研究会登録は上記のお申込と登録費をご入金いただいて正式登録となります.
    • 入金の確認には1週間程度お時間をいただきますのでご了承ください.
  • 情報学広場上の ユーザ登録(無料)が必要です.
  • 詳細は,情報学広場利用方法をご確認下さい.







Copyright(c) IPSJ SIG-GCAD. All rights reserved.