>> 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 のページへ

行事開催予定

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会
第138回研究発表会 参加者募集

情報処理学会グラフィクスとCAD研究会では,2010年2月11日,12日に第138回研究発表会を開催します. 今回のテーマは,「ヒューマンモデル及びCG一般」です.ふるってご参加くださいますよう,お願い申し上げます.

目次

日時: 2010年2月11日(木・祝) 12:55 - 17:35, 12日(金)8:30 - 11:05


会場: ホテル安比グランド

(〒028-7396 岩手県八幡平市安比高原 Tel.0195-73-5011,アクセスマップ)

#ref(): File not found: "timetable2010.pdf" at page "CFP138"


テーマ:ヒューマンモデルとCG,及びCG一般

CFP (論文募集は締め切りました)


プログラム

発表件数 14件,1件30分 (発表20分,質疑応答10分,※印(発表番号1)は発表15分質疑5分)

○印は発表者
※印を除くすべての発表は優秀研究発表賞(GCAD賞)の選考対象となります(詳細説明).


1日目(2月11日(木・祝))

  • 12:55-13:00 開会挨拶 主査 山口 泰(東京大学)
  • 13:00-14:20 セッション1:学生合宿表彰者セッション【座長:山口 泰(東京大学)】
    1. 第9回ビジュアル情報処理研究合宿の開催報告 ※
    ○中津川 直輝(東京電機大学),萩尾 和也(早稲田大学)
    2. 「何時、何処で、誰と」3つのメタ情報を用いた大量個人画像の一覧可視化手法
    ○五味 愛,伊藤 貴之(お茶の水女子大学)
    3. 経路情報の要約可視化の一手法
    ○薮下 浩子,伊藤 貴之(お茶の水女子大学)
  • 14:20-15:20 セッション2:人体形状モデル【座長:栗山 繁(豊橋技術科学大学)】
    4. GFFD空間変形手法を用いたカメラ画像からの爪形状モデリング
    ○近藤 聡,托 雅,赤木 康宏,北嶋 克寛(東京農工大学)
    5. 定量的四次元モデル「Virtual Anatomia」の開発とその応用
    ○鈴木 直樹,服部 麻木(東京慈恵会医科大学 高次元医用画像工学研究所)
  • 15:20-15:35 休憩
  • 15:35-17:35 セッション3:人体動作【座長:伊藤 貴之(お茶の水女子大学)】
    6. 主観評価に基づく個人性を強調した歩行動作合成手法の提案
    ○中村 槙介,森島 繁生(早稲田大学)
    7. 歩行周期抽出による歩行変化の可視化についての一検討
    ○澤田 尚大,郡 未来,松田 浩一(岩手県立大学)
    8. 和太鼓のバチさばきにおける「勢い」と「脱力」の抽出と分類の一検討
    ○中里 直樹,松田 浩一(岩手県立大学),中里 利則(種市海鳴太鼓)
    9. ランダムフォレスト法を用いた人体動作検索
    ○浜田 祐一,栗山 繁,向井 智彦(豊橋技術科学大学)
  • 11日夜は懇親会を行います.

2日目(2月12日(金))

  • 8:30-9:30 セッション4:CG一般(イメージング)【座長:森島 繁生(早稲田大学)】
    10. Hybrid image from different contents
    ○Sripian Peeraya,山口 泰(東京大学)
    11. GPUを用いた画像の連結成分抽出に関する一考察
    ○井村 誠孝,大城 理(大阪大学),千原 國宏(奈良先端科学技術大学院大学)
  • 9:30-11:00 セッション5:CG一般(モデリング・レンダリング・アニメーション)【座長:柿本 正憲(日本SGI)】
    12. 多様な樹種を生成および分析するための樹木形状表現に関する研究
    ○赤木 康宏,北嶋 克寛(東京農工大学)
    13. 遮蔽度の曲率近似によるアンビエントオクルージョンの局所照明モデル化
    ○服部 智仁,久保 尋之,森島 繁生(早稲田大学)
    14. 粒子ベース流体シミュレーションを用いた炎のリアルタイムレンダリング
    ○稲垣 智(奈良先端科学技術大学院大学),井村 誠孝(大阪大学),池田 聖,眞鍋 佳嗣,千原 國宏(奈良先端科学技術大学院大学)
  • 11:00-11:05 閉会挨拶 幹事 柿本 正憲(日本SGI)

参加費用

 [宿泊費(懇親会(夕食),一泊朝食込み)・会場使用料]

  • 一般 18,000円
  • 学生 15,000円
  • 日帰り参加 3,000円(会場使用料のみ)

 [参加費]

 登録会員でない方には学会所定の参加費も必要です.


担当委員 (お問い合わせ先):

  • 柿本 正憲 (日本SGI) kaki"at"sgi.co.jp
  • 松田 浩一 (岩手県立大学) matsuda"at"iwate-pu.ac.jp

研究報告オンライン化実施について

標記の研究発表会はペーパレスで行います.

本会は、論文誌(ジャーナル・トランザクション)については平成20年度から,研究会刊行物(研究報告)についても平成21年度から紙媒体での出版を廃止し,オンライン出版とすることといたしました.さらに平成22年度の本会創立50周年までには,論文誌と研究会刊行物の全てを購読可能とする「総合デジタルライブラリ」制度の導入を予定しています.

平成21年度のオンライン化についての詳細はこちらをご覧ください.

なお,会場にて資料のダウンロードが可能なよう準備を行っております。無線LANにてご用意しておりますのでご利用ください。


グラフィクスとCAD研究会にご登録されている方

研究発表会の【一週間前】に本会電子図書館BOOKPARKで当研究発表会の資料を公開します.これに伴い公知日は2010年2月4日(木)となりますのでご注意ください.当日は資料をプリントアウトしてご持参いただくか,ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください.

  • BOOKPARK上の ユーザ登録(無料)が必要です.
    • 研究会 グラフィクスとCADをチェックしてください.
    • 登録まで最大3日かかりますのでご留意ください.

グラフィクスとCAD研究会にご登録のない方

当日受付で当研究発表会の資料閲覧用のパスワードをお渡しいたします. 研究会の参加費についてはこちらをご覧ください.当日はネットワーク接続可能なPCをご持参ください.

尚,当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めて,全てBOOKPARKでご購読いただけます.是非この機会に登録をご検討ください.

登録に関してはこちらをご参照ください.

  • 研究会登録は上記のお申込と登録費をご入金いただいて正式登録となります.
    • 入金の確認には1週間程度お時間をいただきますのでご了承ください.
    • お振込が済みましたらkeiri[at]ipsj.or.jpまでご連絡いただき、BOOKPARK閲覧希望の旨お伝えください.
  • 上記お手続きが済みましたらBOOKPARK上のユーザ登録(無料)をしてください.
    • 研究会 グラフィクスとCADをチェックしてください.
    • 登録まで最大3日かかりますのでご留意ください.







Copyright(c) IPSJ SIG-GCAD. All rights reserved.