>> 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 のページへ

行事開催予定

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第161回研究発表会

学会Webサイト


日時: 2015年11月6日(金), 7日(土)


会場: 神戸大学 六甲台第2キャンパス 瀧川記念学術交流会館、農学研究科会議室A棟

( 〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1,アクセスマップ )


論文募集


テーマ: 実世界まるごと3D、およびCG一般

趣旨:

3次元形状計測装置の進化や2次元画像群からの形状復元技術の発達により、実世界の3D情報を取得することが容易になりつつあります。産業分野でも、計測結果そのものの価値の提供や、車載カメラを用いた周囲環境情報の取得による運転者支援、ロボットの自動制御などに応用されています。また3D情報を表現するという観点でも、見ている人に立体を知覚させる3D映像の出力や、3Dプリンタによる立体形状そのものの出力が可能となり、エンターテインメントやものづくりの分野に応用されています。

一方、2020年の東京オリンピックを見据え、産業界では、増加する観光客に対する街全体の3D地図の提供や、競技場内の3D情報を計測/配信することで視聴者が好きな視点で観戦可能となる映像配信サービスの構築が目標として掲げられています。さらに国が重点的に取り組むべき技術としてもTokyo 3d Mappingがあげられており、本分野のさらなる発展が期待されています。

このような観点から、2015年11月のCVIM・GCAD合同研究会では、テーマセッション「実世界まるごと3D」を企画します。実世界の計測、モデリング、そして取得した3D情報の表現方法等、実世界の3D情報を取り扱う研究について幅広く募集します。

さらに本テーマに関わらず、一般セッションも設定しておりますので、奮ってご発表お願いします。CVとCGの研究者が集う貴重な機会ですので、研究分野の枠を超えた活発な議論の場とするべく、ご投稿・ご参加をお待ちしています。


〆切

  • 発表申込〆切: 9月4日(金) ※延長しました
  • 原稿送付〆切: 10月13日

発表申し込み要領:

下記リンクの「発表申込」メニューから「第161回グラフィクスとCAD研究発表会」を選択してお申込みください。発表申込時には、著者情報・発表タイトル・概要のみ必要です。 発表申し込み後,原稿締め切りまでに最終原稿のご投稿をお願いいたします。

発表申込URL


発表申し込みの際は、研究会への連絡事項に、以下を記載ください。(ポスター発表・コメント制度については、下記の説明をご参照ください。)

 ・論文種別(いずれか一つを残してください。)

  • 「テーマ」(口頭発表 + ポスター発表)
  • 「テーマ」(口頭発表のみ)
  • 「一般」(口頭発表 + ポスター発表)
  • 「一般」(口頭発表のみ)

 ・コメント制度希望の有無(いずれか一つを残してください。)

  • 「有」
  • 「無」

※ コメント制度の利用希望については、後日、担当委員より改めて希望の確認の問い合わせを行いますので、発表申し込み時に未定であれば、未記入でも構いません。


原稿の作成は下記リンクを参照してください。 (LaTeX・MS Wordテンプレートもこちらより取得できます。)

原稿作成について


コメント制度、ポスター発表:

コメント制度とは、希望する発表者に対して、研究会運営委員が事前に論文原稿を精読し、質問やコメント(より良い論文にするためのコメントや、査読付き国際会議・論文誌に採択されるようにするためのアドバイスなど)を事前にお伝えするものです。

ポスター発表とは、希望する発表者は、通常の口頭発表に加えて、ポスター発表セッションにおいてもポスター発表を行うことができるものです。ポスター発表を通じて、参加者とより深い議論を行うことができます。ポスターは、どのような形式のものでも(口頭発表のスライドを並べただけのものでも)構いません。


担当委員 (お問い合わせ先):

  • 尾下 真樹(九州工業大学) oshita[at]ces.kyutech.ac.jp
  • 杉村 昌彦(富士通研究所) suginy[at]jp.fujitsu.com

費用: [参加費]

登録会員でない方は学会所定の参加費が必要です。(※非会員の学生の方の参加費は2,500円です。)








Copyright(c) IPSJ SIG-GCAD. All rights reserved.