>> 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 のページへ

行事開催予定

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第156回研究発表会 論文募集

学会Webサイト


日時: 2014年9月16日(火)


会場: 中京大学名古屋キャンパス(名古屋市,地下鉄鶴舞線/名城線 八事駅下車、5番出口すぐ)


論文募集


テーマ: リアルタイム計算,およびCG一般

趣旨:
情報処理学会グラフィクスとCAD研究会では,  「リアルタイム計算,およびCG一般」をテーマとして,第156回研究発表会を開催致します.
 リアルタイムのグラフィクス,レンダリングやシミュレーションといった計算は,バーチャルリアリティやヒューマンインタフェースといった分野でも、映像提示だけでなく,五感への提示や新たなインタラクションの鍵になるなど、様々な形で利用・研究されています.
 原理や手法には共通点が多いですが,目的や提示手法が異なるため普段の発表は別々になってしまうこともあるかと思います.そこで,名古屋大で行われるバーチャルリアリティ学会大会の直前の日程で企画いたしました.
 さらにCG一般セッションも設定致しておりますので,特集テーマに拘らず, 奮ってご発表申し込みを頂きますようお願い致します.


〆切

  • 発表申込〆切: 7/6(日)
  • 原稿送付〆切: 8/25(月)

発表申し込み要領:

下記リンクの「発表申込」メニューから 「第156回グラフィクスとCAD研究発表会」を選択してお申込みください.

なお、卒業研究ポスター発表をご希望の方は、「研究会への連絡事項」の欄に「卒業研究ポスター発表」と明記し、デモを行う場合には電源の有無・容量も合わせてご記入ください

発表申込URL 

原稿の作成は下記リンクを参照してください。 (LaTeX・MS Wordテンプレートもこちらより取得できます。)

原稿作成について


担当委員 (お問い合わせ先):

  • 瀧 剛志 (中京大学) taki[at]sist.chukyo-u.ac.jp
  • 長谷川晶一(東京工業大学)hase[at]pi.titech.ac.jp

費用: [参加費]

当研究会登録会員でない方は学会所定の参加費が必要です.
協賛: 日本バーチャルリアリティ学会力触覚の提示と計算研究委員会
(バーチャルリアリティ学会会員は情報処理学会会員価格で参加できます.)








Copyright(c) IPSJ SIG-GCAD. All rights reserved.