>> 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 のページへ

行事開催予定

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第153回研究発表会 論文募集

学会Webサイト


日時: 2013年11月28日(木), 29日(金)


会場: 九州大学西新プラザ

( 〒817-0002 福岡市早良区西新2-16-23,アクセスマップ )


論文募集


テーマ: ディジタルファブリケーションを支えるCV・CG

趣旨: 3Dプリンタの低価格化や3次元モデリングツールの普及などを背景として,新たなものづくりの形態「ディジタルファブリケーション」が産業界だけでは無く非技術系の一般の人々からも注目されています.3Dプリンタのような目に見える新しいデバイスが着目されがちではありますが,言うまでも無く,このような技術の背景には,CGとCADで取り組んできた3Dモデリングの研究成果が大きな役割を果たしています.このような背景のもと,情報処理学会グラフィクスとCAD研究会ではCVIM研究会と共催で,テーマセッション「ディジタルファブリケーションを支えるCV・CG」を企画しました.このテーマセッションでは,ものづくりを支える物体モデリング技術,例えば,形状計測や反射特性推定といった要素技術・応用技術に関する発表を募集します.その他にも,質感に関する研究,モーションキャプチャや表情のモデリングといった動きのモデリングも含め,実世界に存在する物体を計測しモデル化する研究を広く募集します.既存のディジタルファブリケーション技術の枠組みに囚われず,様々な観点からの研究発表をお待ちしております.CVとCGの研究者が揃う貴重な機会となっておりますので,研究分野の枠を超えた議論も期待しております.

また、特集テーマに限らず,CGに関連する一般の論文も歓迎致します.奮ってご投稿・ご参加下さいますようお願い申し上げます.


特別講演:

1) 「3次元ビデオによる人体3次元計測とその応用」 京都大学 延原章平 講師

2) 「3次元デジタルマイクロファブリケーション」 横浜国立大学 丸尾昭二 准教授 


プログラムの詳細:

プログラムへのリンク 


〆切

  • 発表申込〆切: 9月27日(金) 
  • 原稿送付〆切: 10月31日(木)

発表申し込み要領:

下記URLの「発表申込」メニューから 「第153回グラフィクスとCAD研究発表会」を選択してお申込みください.

発表申込URL 


担当委員 (お問い合わせ先):

  • 前川 卓(横浜国立大学)maekawa[at]ynu.ac.jp
  • 瀧 剛志(中京大学)taki[at]sist.chukyo-u.ac.jp

費用: [参加費]

登録会員でない方は学会所定の参加費が必要です.








Copyright(c) IPSJ SIG-GCAD. All rights reserved.