>> 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 のページへ

行事開催予定

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第150回研究発表会

学会Webサイト


日時: 2013年2月18日(月), 19日(火)


会場:東京大学柏図書館メディアホール

( 千葉県柏市柏の葉5-1-5,アクセスマップ )


論文募集


テーマ: 自然現象の再現,CG教育およびCG一般

趣旨: 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会では, 「自然現象の再現,CG教育およびCG一般」をテーマとして, 第150回研究発表会を開催致します. 自然現象をコンピュータ上で視覚的に再現することは, CG研究の大きな目標の一つです. その要素技術として,反射・透過・屈折・影等の照明効果, 水・炎等の流体シミュレーション,構造物・ゴム等の変形・破壊シミュレーション等 が挙げられ,様々な研究がなされています. 今回,これらの研究に焦点を当て,深く議論致します.

また,この数年のグラフィクスとCAD研究会ではCG教育をテーマとする発表会を企画し, 好評を得ております. 今年も教育研究・教育事例・教材開発・評価方法に関する発表・意見交換・情報収集を 視野に入れて,この第150回研究発表会をCG-ARTS協会と共催します.

さらにCG一般セッションも設定致しておりますので, 特集テーマに拘らず,奮ってご発表申し込みを頂きますようお願い致します.

最後に,今回,本分野で多大な功績を残している東京大学 西田先生の 特別講演も企画しておりますので,是非ともご参加下さいます様よろしくお願い致します.


〆切

  • 発表申込〆切: 11月30日(金) [17:00メイル必着]
  • 原稿送付〆切: 1月中旬(予定)

発表申し込み要領

以下URLの「発表申込」メニューから 「第150回グラフィクスとCAD研究発表会(CG-ARTS協会共催)」を 選択してお申込ください.

発表申込URL 

 

担当委員 (お問い合わせ先):

  • 長坂 学 (三菱プレシジョン株式会社) mnagasaka[at]mpcnet.co.jp
  • 楽 詠こう (東京大学) yonghao[at]k.u-tokyo.ac.jp

費用: [参加費]

登録会員でない方は学会所定の参加費が必要です.








Copyright(c) IPSJ SIG-GCAD. All rights reserved.