>> 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学 のページへ

行事開催予定

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第149回研究発表会

学会Webサイト


日時: 2012年12月3日(月)〜4日(火)


会場: 横浜国立大学教育文化ホール

( 住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-1 )


費用


[参加費]

登録会員でない方は学会所定の参加費が必要です。


論文募集


テーマ: 実世界と仮想世界を繋ぐCV・CG

趣旨:
コンピュータビジョン(CV)とコンピュータグラフィックス(CG)は,互いに影響を与えながら発展してきました.近年では特に,インターネットやモバイルコンピューティングの普及に伴い,ネットワークやコンピュータ上の世界である仮想世界と実世界とを結び付けるために,CVとCGの融合が重要になってきています.

そこで,このような「実世界と仮想世界とを繋ぐ技術」についてより深く理解し,また,分野を超えた活発な議論ができる場として,「実世界と仮想世界を繋ぐCV・CG」と題したテーマセッションを企画しました.

本テーマセッションでは,(1)image based modeling,image based rendering,BRDF計測,CADや可視化ツールへの実データ取り込みなど,実世界情報の獲得と表現,(2)光学カメラやdepthカメラなどの2次元センサを利用したHCI/AR/MR応用,(3)inverse rendering,image inpaintingなどのCV・CGの両分野にまたがる研究,(4)CGのためのCV技術,及び,CVのためのCG技術に関する研究を募集します.

特集テーマに限らず,CGに関連する一般の論文も歓迎致します.奮ってご投稿・ご参加下さいますようお願い申し上げます.


〆切

  • 発表申込〆切: 9月7日(金) [17:00 メール必着]
  • 原稿送付〆切: 10月下旬 (予定)

発表申し込み要領:

以下の発表申込書に必要事項をご記入の上,担当委員2名 (文末参照) 宛てにメールでお送りください.メールの件名 (Subject) は「GCAD-149講演申し込み」としてください.申し込みを受け付けた際には,数日以内に確認のメールをお送り致します.確認のメールが届かない場合には,お手数ですが,申込書をご再送下さいますようお願い致します.


発表申込書

To:  maekawa[at]ynu.ac.jp, mtoyoura[at]yamanashi.ac.jp
Subject: GCAD-149講演申し込み

12月3日,4日 GCAD研究発表会 発表申込 (第149回)

タイトル:

発表者(所属)
# 筆頭著者以外が発表する場合は,発表者に○印をつけて下さい.
 筆頭  (所属):
 連名1 (所属):
 連名2 (所属):
 連名3 (所属):
 連名4 (所属):
 :

発表希望セッション:(ひとつを残して消してください)
     テーマセッション
     一般セッション

発表者資格:(ひとつを残して消してください)
     情報処理学会             会員・非会員
     グラフィクスとCAD研究会  登録会員・登録準会員・非会員

連絡先:住所: 〒
    Tel/Fax:
    E-mail:

概要:(200字程度)

担当委員 (お問い合わせ先)

  • 前川卓(横浜国立大学)maekawa[at]ynu.ac.jp
  • 豊浦正広(山梨大学)mtoyoura[at]yamanashi.ac.jp







Copyright(c) IPSJ SIG-GCAD. All rights reserved.